肌質別クレンジング方法

肌質別クレンジング方法

■肌質別クレンジング方法
クレンジングを行うときには肌質に合わせる必要があります。
肌質に合わないクレンジング方法を行うと、肌トラブルを引き起こすきっかけになってしまうので、あなたの肌質にマッチしたクレンジングを心がけるようにしましょう。

 

●乾燥肌(ドライ肌)
乾燥肌の人は、毛穴の開き・黒ずみやニキビ・吹き出物に困ることはあまりありませんが、肌の水分量が足りていないために白く粉を吹いてしまったり、シワができやすかったり、メイク乗りが悪かったりします。
また、乾燥肌の人は敏感肌である場合も多く、クレンジングを行うときにはできるだけ刺激の少ない方法を選ぶようにしましょう。

 

まず、使用するクレンジング剤はオイルタイプよりもクリームタイプやミルクタイプといった潤いをキープしつつメイクを落とすものが好ましいと言えます。
オイルタイプはしっかりとメイクを落とすことができますが、肌に必要な皮脂まで流してしまいがちで、乾燥肌が悪化することがあるからです。

 

乾燥肌が強いという人は、メイクを軽めに抑えてクレンジングの時間を短くすると改善されることも多いです。

 

●脂性肌(オイリー肌)
脂性肌の人は特にTゾーンが脂っぽくなりがち。
毛穴の黒ずみやニキビなどができやすく、メイク乗りは良くても崩れるのが早い傾向にあります。

 

皮脂の分泌量が多い人にオススメなのはサッパリとした使い心地のクレンジングです。
肌が脂っぽいからといって、保湿を怠ると余計に皮脂が分泌される場合があるため、クレンジング、洗顔、保湿ケアの3段階を心がけるようにしましょう。
また、毛穴の黒ずみが気になるときにはオイルクレンジングを使ってメイクと一緒に毛穴の汚れもオフしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ